コーディネートの法則やらあれこれ

前のブログの続きで

コーディネートの法則だとかをごにょごにょ言いましたので

今回はそれをご紹介していきます。

 

※内容は完全に個人的な主観です。ご了承下さい。

アパレル業をやらせて頂いてかれこれ10年弱

こんな洋服のチョイスはどうですかと毎日のように提案

させて頂いているのですが、

個人的におすすめする法則として

「違いを楽しむ」っていうのが僕の

コーディネートの法則です。

どーいう事かといいますと、

まず「おしゃれ」って何?って話なのですが、

僕は「異」を楽しむものだと思っています。異ジャンル、異素材、

反対色(わからない方は、反対色 で検索)なんかも「異」だと思います。

「異」をミックスしたら新しいものが生まれたそれがファッションなんだと思います。

 

 

説得力例を挙げると

文字だけで申し訳ないのですが、白シャツにデニムって合うと思いませんか?

これは僕の考える違いを楽しむの代表例で

デニム=作業着  シャツ=スーツ系の洋服

本来合わさることの無いジャンルのアイテムですが

ミックスするとマッチすると。

恐らくこの例はかなり昔に生まれたファッションなので誰も疑問視なんて

しないと思いますが作業着のズボンに礼服のシャツを着るというのは

本来はちょっとおかしな話だと思いませんか?

さらに言えば、このコーデの上にMA-1タイプのアウターを羽織ってみたら

どうでしょう?

MA-1は↓↓こんな形のアウターです。

(ドラマ相棒の亀山君が着てたやつです笑 わかる人は分かるネタw)

恐らくマッチするはずです。と言うか2、3年前に

MA-1大流行時はそんなコーデしてる人結構いた気がします。

ですがこの服も元々

フライトジャケット(空軍のパイロットが着ていたもの)

作業着(ズボン)+スーツ(トップス)+軍服(アウター)です。

おかしく無いですか?笑

たぶんファッションという概念が無い世界だったら完全なる狂人です。

ですがこれがファッションでありコーディネートの法則だと

僕は思ってます。本来合わさることの無いジャンルや素材や色を

混ぜると新しくなって流行になっていく。これがファッションです。

参考になるか分かりませんが、こういう視野でお洋服を選ぶのも

楽しみ方だと思います。

 

ここからは、上の話を頭に入れつつ、

こんな服どうする?って話をしよう思います。

前回ご紹介させて頂いた、

スウェットパンツ。皆さんスウェットパンツどうコーデしますか?

ファッションアイテムとして親しみの無い方は部屋着っぽいと思って

敬遠してしまうかもしれませんが、

上の法則に従って考えてみましょう!

スウェットパンツはもともと確かスポーツとかトレーニングウェアの一種です。

要するにジャージです。それを踏まて

スウェット+スウェット それは運動着です。

オシャレへ変換するためには、スポーツウェア+(異ジャンルの何か)

僕がすぐ浮かぶのは、無地のシャツですかね。

スポーツウェア+礼服

WEARというサイトで参考になりそうなコーデがあったので

リンク貼っておきます(リンク切れはご容赦下さい)

https://wear.jp/hurry/14894160/ (コーデ参考例 出典WEAR)

参考にさせて頂いた方は、その上にワーク(作業着)っぽい

ジャケットも合わせていますね。

個人的には大好きなコーデです。スウェットパンツの着方に

悩んでる方は真似してみたらいいかもしれません!!

 

他のアイテムもやりたいのですが、

長くなりすぎてしまうので

次の色の法則に移りたいと思います。

 

僕の色の法則

上の異ジャンルや異アイテムのおしゃれと

同等に意識しているのが、洋服の色の合わせ方。

色彩検定だとか、カラーコーディネーター資格を

お持ちの方には当たり前の話なのですが、

色には 類似色と反対色(補色)

と言うものがあります。

人任せで申し訳ないですが↓↓のサイトの解説が短くて

分かりやすいのでリンク飛んでみて下さい。。汗

http://lifewithharry.com/archives/1152

この色の関係を重視して洋服の色を合わせてます。

もっと細かく言うと、黒、白、グレー、ネイビー、ブラウンは1色と数えず

その他の色は3色まで。類似色よりも反対色を意識して

僕はコーデを考える事が多いです。

なぜなら、上下類似色コーデって本当に難しいので…笑

一歩間違えると大変なことになります。くどいというかウザい……

という事で、例を挙げると

https://wear.jp/hiiiiiiiiiiromi/15590358/

(出典WEAR)

↑↑この方のコーデ!

カーキっぽいグリーン系のアウターと反対色の

赤をスニーカーに合わせると!

後は、黒、ブラウン、ネイビーでまとめる。

またまた個人的は大好きなコーデです。

参考例の方もそうですが、色の明るさ調節すれば

子供っぽさを回避できますので

多くの方に反対色を取り入れてもらいたいですね♪

この反対色を意識するだけで、

オシャレだねーとか個性があっていいねとか

若いねーとか僕は言われるようになりました笑

個性的だねっていうのは受け取る側によって褒め言葉かは分かりませんが…

 

という事でまとめますと、

大まかに僕が気にしているコーデの法則は2つ

・「異」を意識することと

・「反対色」を意識することです

実はたっこれだけです。。。

この二つを意識するだけで、

凄くオシャレになれるとは言えないし保証も出来ませんが

黒、白をはじめとする無難な色の洋服選びから

あれもこれも試したくなったり、試着してみたくなったりする洋服選びに

なります!!(少なくとも僕はなりました)

洋服選びが楽しくなる=コーデを考えるのが楽しくなる

そうすれば必然とコーデで迷う事は無くなってくるはずです!

 

これにて本日の雑談は終了です!

久々に洋服屋さんらしいこと言った気がします。。。笑

それでは本日もご来店お待ちしております。

RVCA(ルーカ)の新入荷品

こんにちは!

ワンステップクロージングです。

とんでもなく久々のブログ更新ですね…

ここ最近は、個人的な事なのですが「確定申告」

に早くも奮闘中で。。。。。会計士さんに「11月にチェックします」と

すでに煽られてる今日この頃です。

さてさて大人の事情で2019年秋冬の立ち上がりが

遅れてしまったRVCAですが

ようやく新入荷品がチラホラありましたので

ご紹介します!

まずは、

 

恒例となりましたRVCAのオーバーサイズロンT。

幅は大きめでゆったり着れる、そして袖と丈は通常サイズ程度の長さなので

トレンドっぽいシルエットを保ちつつ着やすさもあるロンTです。

 

 

さらには生地の厚みもしっかりあり、コスパもGOOD。

まだ手にしてない方はぜひ一度チェックしてみて下さい。

本当にマルチでシーズン問わず着れますよ。(個人的な意見です)

¥6,000+税

↓↓オンラインは↓↓

https://store.shopping.yahoo.co.jp/onestepclothing/rvcaa1caa5.html

 

お次は

裏起毛メンズ ラインスウェットパンツです。

前回、2018春にスウェットパンツ入荷したのですが、

確か、5日くらいでストックアウト(売り切れ)。。。。

と凄まじい勢いで売れた記憶があります。

全体的に細身で、手触りが良い裏起毛スウェット生地。

サイドに人気のラインテープがデザインしてあります。

着用参考見て頂ければわかるよう、ローカット軽量系のスニーカー

などとの相性もGOOD。イージーとかヴェイパーとかマックスとか

NMDとかゲルライト系とかも良いかもしれませんね。

個人的にはポンプ、MAX90、ベンチレーター辺りと合わせたいですね。笑

でトップスはあえて外しでオックスフォードシャツとか

異素材感出す為にTシャツ+ノーカラーのライトダウンとか

冬の装いは考えるだけで楽しいですね。

そんなRVCAのスウェットパンツは

¥9,000+税

↓オンラインショップは↓

https://store.shopping.yahoo.co.jp/onestepclothing/rvcaa1caa5.html

 

今日最後のご紹介は、

プルパーカー!!

ですが、僕がもたもたブログを書かなかったせいで、

まさかのラスト一点です。。Lサイズが残ってます。

波をイメージした新しいロゴデザイン。

胸中央だけでなく、両腕に大胆にデザインされてます。

裏起毛のしっかり肉厚の生地で、やや大きめシルエット。

これはこれで可愛いさがあるというかポップな印象。

今までのRVCAと違った新しさも合ってか

入荷から連日来店頂いた方に好評をいただき

早くもラスト一点です。

サイズが合う方はお早めに!

¥9,500+税

↓オンラインショップ↓

https://store.shopping.yahoo.co.jp/onestepclothing/rvcaa1caa5.html

 

 

ちょっと余談のコーナー

アパレル業を始めてから、たまーに

コーディネートってどう考えてるの?とか何合わせたらいいのなんて

質問を頂くのですが、まあ僕なんてスタイリストでもなければ、

公的に認められた資格も無いので完全に感覚のお話になるのですが、

個人的に法則をある程度決めてコーディネートを組んだり服の合わせ方を

決めています。これ長くなるので次のブログでその法則をご紹介しますね。笑

そんなこんなで本日もご来店お待ちしております。