Columbia(コロンビア)入荷第一弾!

こんにちは!!ワンステップクロージングです。

ここ数日間とにかくやることに追われる毎日。

あれも、これも、、、、、、

あ!疲れたこれは後回し。とかやってますよはいw

そして今回のブログのお題もやる事の一つでした!

ど、どん。

Columbiaさんの入荷スタートしました!

それは良いとして実は入荷してから数日経っていて、

SNSでは皆様にお知らせさせていたのですが、

やっと、やっっっっっっと

画像がまとまったのでブログでご紹介が出来ます。

改めまして遅くなって申し訳ありません。

それでは紹介行きます!

まずは、

シンプソンサンクチュアリレインスーツ マルチカラーです!

Columbiaって聞いてまず浮かぶのがマウンテンパーカー。

なんて方もいるのではないでしょうか!

今回は上下セットのレインスーツをセレクトしてきました。

何でかって!?フェスとかキャンプとか軽登山でも使えるからです!

日常で着用ももちろんGOOD!レインなので雨合羽です。

セパレートなので上だけよく使ってたまにセットでなんて使い方が

一番多いですかね。もちろん持ち運び用の収納袋(業界用語的に言うとスタッフサックとかスタッフバッグとか)付きです。

店頭ではあれば収納するときのコツなんかも伝授いたしますよ!!自信あります!

ここ富士吉田市では雪かきの時とか、雪の日の通勤通学なんかも重宝しますよ!

Columbia独自機能の「オムニテック(端的に言えば防水で汚れもある程度弾きます)」搭載の割にはお手頃なアイテムでもあります!

ぜひチェックしてみて下さい!

次!!

お次はサンタフェパークジャケット!

中綿ジャケットです。ダウンじゃないけどモコモコしてる服です。

このアイテム!個人的にはかなりおすすめの一点!

冬の厚着したときの動きにくさを解消し、

ある程度の熱は外へ逃げるような設計。

何がそんなにすごいのかと言いますと、暖かいのに動きやすいこれに付きます。

採用されている生地がストレッチ素材で中綿はポリエステル。

裏地にはColumbia独自の機能「オムニヒート(端的に言えば体温を反射する機能)」搭載、生地には撥水加工で多少の雨にも対応と。。。。

これ着て動きまくってヒートアップしてもある程度は熱が逃げて

遊んでる最中にちょっと天気が悪くなっても少しなら大丈夫。

さらには汗や汚れが付いたらお家でお洗濯出来る!

全てが合理的だ…すごい。ダウンと比較して劣るところは

少し重く畳んでも小さくならない所です。

僕個人的に山に登るときやウィンタースポーツするときの防寒着は

ダウンでは無く中綿をもち歩いてました。

街使いでも同じで脱ぎ着、車の乗り降りでも動きやすいので

ストレス小!服として着ていて自然これが一番大切なのではないでしょうか!

おっと喋り過ぎました。とにかく着た事ない方は店頭で一度着てみて欲しい一着です。

着てみて欲しい続きで次は

パンツです。

ジョンズビュートパンツ!トレッキンパンツとして作られたアイテムなのですが、

これハマると大変です。本当に普通のズボン履きたくなくなります。

知人でそういう人います。笑 これしか履かないみたいな…

デニムは締め付け感がヤダ。スウェットは少しラフすぎるし。

なんて時にぜひ履いてほしい一点。ストレッチで楽々!

足上がる!股開く!動きやすい!なのに画像見て下さい!

このスッキリしたシルエット。Tシャツやパーカー、シャツなどと合わせても

異素材感が出てなんだかおしゃれーに見えると思います。

いくら言葉で説明しても足りない…とにかく店頭で一回試着してください…

後悔はさせない自信があります!

次!!

キャンバストートです。

これは説明不要に近いアイテムかと思いきや、

目を付けるべきところが!!ストラップ部分!!

肩から下げると、、、、脇下びったし。

下すぎると、歩くたびに揺れたり、ずり落ちてきたり、

それが若干解消されてる長さです!脇下に抱えるように肩から下げることが可能です!

と入荷第一弾は以上です!!

ここで、一つ豆知識と言うか、勘違いしてしまう言葉があるので

それだけ説明して終わろうと思います。

「撥水」と「防水」の違い分かりますか?

分かる方はブラウザバックなお話です。

分からない方、良く商品案内などで、

撥水加工や防水加工という言葉が出てきます。

さらには僕も使います…笑

そこには実は大きな差がありまして、

説明していきます。

まず「防水」これは読んで字のごとく。

水を防ぐ機能です。生地の反対側に水が通り抜けないような加工施されているので雨合羽として着る事が出来ます。そしてアウトドアウェアに限って言えば防水加工されているものは同時に撥水加工も施されています。

なので、

次に「撥水」これは水を弾く機能です。あくまで弾くだけです。何らかの力が加わり生地が水を吸うと反対側に通り抜けてしまいます。

なので雨の降りが強い時やお尻に水分が付いたまま座ったりしてしまうと

洋服の中に水が侵入してきます。あくまで表面で水を弾くだけです。

とこんな感じで違いがあります。この先おそらく僕も使わせて頂く「撥水」と「防水」と言う言葉。SNSなどが盛んな現在なので、

誤認識してほしく無いなという事でご説させていだきました。

お節介でしたら申し訳ありません。

上で紹介したColumbiaのアイテムは全てオンラインにアップしてあります、

気になるものありましたら是非店頭やオンラインショップでチェックしてみて下さい!

↓↓↓↓当店オンラインは↓↓↓↓

https://store.shopping.yahoo.co.jp/onestepclothing/

それでは皆様のご来店心よりお待ちしております。